ブログ|弁護士・弁理士 北川修平が「特許」「商標」「意匠」「不正競争防止法」知財の警告状から御社の事業を守ります!

[受付時間] 9:00~17:00 平日のみ原則として24時間以内に北川より折り返しいたします。

ブログ

の記事一覧

  • この記事に関連するタグ

    自分のことは自分で決めるー和解の効用ー

    間違った思い込み (知財警告状が送られてきた末に,相手から訴訟を提起されて) 訴訟はケンカ。ネタが知財の訴訟でも,ケンカに変わりはない。 一方的にケンカを売られた以上,話し合いの余地はなし。 とにかく本気で殴り合ってやる

    もっと見る ≫

  • この記事に関連するタグ

    (当日のスライド有)弁理士会主催の特許セ…

    前回のブログ更新から、5か月近くも(!)経ってしまいました。   それもこれも、西へ東へ、更新の暇がないほどに、忙しくさせていただいていたからですね。 弁護士&弁理士として、専門家冥利に尽きる、というほかありま

    もっと見る ≫

  • この記事に関連するタグ

    それで本当に特許を無効にできますか?

    間違った思い込み  「ライバル社が、特許侵害の警告状を送ってきた。 これに対して、自社から積極的に反撃すべく、 そもそも、そのライバル社の特許は、(出願当時の)既存の発明から、簡単に思いつくから無効だ! という反論をぶつ

    もっと見る ≫

  • この記事に関連するタグ

    コメダに警告された「マサキ珈琲」の代理人…

    間違った思い込み(実例を参考にした仮想例) 「自社は、有名なコメダ珈琲の店舗の外観を、ほぼ丸写しした店舗を建築して、 (ただし、「マサキ珈琲」という、コメダとは全く別の店名で)喫茶店営業を行っていた。 そうしたところ、コ

    もっと見る ≫

  • この記事に関連するタグ

    特許警告状には、実質論で反論すべき?

    間違った思い込み  「ライバル社から、特許侵害の警告状が届いた。 特許権を侵害していないとの反論を行う上でのキモは、 ①警告者の特許の技術的思想と、②自社製品の技術的思想とは、全然違う、 という、実質的な技術論議に尽きる

    もっと見る ≫

  • この記事に関連するタグ

    侵害かどうか微妙なら訴訟しかない?

    間違った思い込み 「ライバル社から、特許の警告状が届いた。 詳しく検討してみたところ、自社製品が相手の特許を侵害しているか否か、実に微妙だ。 どちらとも断言できない以上、交渉でまとめるのは難しいだろう。 あとはもう、訴訟

    もっと見る ≫

[受付時間] 9:00~17:00 平日のみ原則として24時間以内に北川より折り返しいたします。