ブログ|弁護士・弁理士 北川修平が「特許」「商標」「意匠」「不正競争防止法」知財の警告状から御社の事業を守ります!

[受付時間] 9:00~17:00 平日のみ原則として24時間以内に北川より折り返しいたします。

ブログ

の記事一覧

  • この記事に関連するタグ

    それで本当に特許を無効にできますか?

    間違った思い込み  「ライバル社が、特許侵害の警告状を送ってきた。 これに対して、自社から積極的に反撃すべく、 そもそも、そのライバル社の特許は、(出願当時の)既存の発明から、簡単に思いつくから無効だ! という反論をぶつ

    もっと見る ≫

  • この記事に関連するタグ

    これでもう諦めてくれたってことなの?

    間違った思い込み 「知財侵害の警告状が届いたので、こちらから書面を送り返して、真正面から反論した。 そうしたら、警告者からは、1ヶ月以上何の返事もない。 反論を見て諦めたのか、まだ諦めずに検討中なのか、警告者の真意は今一

    もっと見る ≫

  • この記事に関連するタグ

    コメダに警告された「マサキ珈琲」の代理人…

    間違った思い込み(実例を参考にした仮想例) 「自社は、有名なコメダ珈琲の店舗の外観を、ほぼ丸写しした店舗を建築して、 (ただし、「マサキ珈琲」という、コメダとは全く別の店名で)喫茶店営業を行っていた。 そうしたところ、コ

    もっと見る ≫

  • この記事に関連するタグ

    特許警告状には、実質論で反論すべき?

    間違った思い込み  「ライバル社から、特許侵害の警告状が届いた。 特許権を侵害していないとの反論を行う上でのキモは、 ①警告者の特許の技術的思想と、②自社製品の技術的思想とは、全然違う、 という、実質的な技術論議に尽きる

    もっと見る ≫

  • 営業秘密といえば秘密管理性?

    間違った思い込み 「ライバル社の営業秘密を、自社が不正取得して使用している、ただちに使用をとりやめろ、 という不正競争防止法の警告状が届いた。 調べてみたところ、ある情報が営業秘密にあたるかどうかを判断する上で、最大のポ

    もっと見る ≫

  • この記事に関連するタグ

    侵害かどうか微妙なら訴訟しかない?

    間違った思い込み 「ライバル社から、特許の警告状が届いた。 詳しく検討してみたところ、自社製品が相手の特許を侵害しているか否か、実に微妙だ。 どちらとも断言できない以上、交渉でまとめるのは難しいだろう。 あとはもう、訴訟

    もっと見る ≫

  • この記事に関連するタグ

    特許公報の図と自社製品は全然似ていない?

    間違った思い込み 「ライバル社から特許の警告状が届いた。とりあえず、記載されている番号の特許公報を読んでみた。 最初の方に書いてある日本語は、難しくて、正直、何が言いたいのかよくわからなかった。 ただ、最後の方に書いてあ

    もっと見る ≫

  • ドロドロの人間関係と知財警告状(パクった…

    間違った思い込み 「共同で事業をやろうとしたが、結局ポシャった先から、著作権侵害の警告状が届いた。 先方がかつて提案した企画のコンセプトを、自社の新企画が無断で使用していると指摘している。 実際、自社の新企画のネタ元は、

    もっと見る ≫

  • この記事に関連するタグ

    同じ名前の商標なら即アウト?

    間違った思い込み 「異業種の会社から、商標権侵害の警告状が届いた。 どうやら、その会社は、自社製品と全く同じ名前の登録商標を持っているらしい。 これはもう、完全にアウトだ。誤って許してもらうほかない。」 正しい心構え 

    もっと見る ≫

  • この記事に関連するタグ

    専門家からの警告状は怖い?

    間違った思い込み 「専門家(弁護士/弁理士)がわざわざ名前を出して警告してくるのだから、 やっぱり権利を侵害している可能性が高いのだろうか…。」 正しい心構え  「専門家(弁護士/弁理士)からの警告があったとしても、 ①

    もっと見る ≫

[受付時間] 9:00~17:00 平日のみ原則として24時間以内に北川より折り返しいたします。